医師が行なう節税って?受け取る年収に大きな差

記事リスト

ダイナミックな対策が可能

ドクター

人気の対策とは

一般的に医師の方は年収が高いので節税対策をする効果が大きい傾向にあります。その為、一般の方では行えない様なダイナミックな節税対策が行えるのも医師ならではの特徴と言えるでしょう。中でも多くの医師の方が実践している手法の一つが不動産購入です。不動産資産として残す事が出来る上、家賃収入と言う形で安定的に収入を得ていく事が出来ます。不動産購入に掛かる費用の一部も控除を受ける事が出来るので効果的に行えば数十万円から数百万円の節税効果が見込めます。仮に節税効果として数十万円程度しかない場合でも何もしなければ単に税金として徴収されていくだけなので、やらない手はありません。子供がいる家庭などは将来的な物件の活用方法も考えられるので積極的に活用するのが良いでしょう。また、医師の方の節税対策として人気なのが会社の設立です。会社と言っても従業員を雇って商売をすると言う訳ではなく、あくまでも資産管理会社と言う形で、資産運用を法人格を持って行なって行きます。個人で実施をするよりも課税額を抑える事が出来るので効果的と言えます。なお、資産管理会社を設立するには諸々の手続きなどが必要になって来る為、知識や経験が無い方は専門のコンサルティング会社などを介して行うのが効果的かつ手間なく便利です。本業で忙しい医師の方も最初の手続きにさえ時間を取ればあとは手間なく節税対策を行なっていけるので積極的に活用して行きましょう。