医師が行なう節税って?受け取る年収に大きな差

記事リスト

様々な手法があります

電卓

経営形態で選択します

医師の節税には様々な方法があります。個人経営と医療法人としての法人経営では選択肢が異なります。共通しているのは減価償却です。医療機器について購入とリースで税務面のメリット、デメリットがありますが、購入した場合には減価償却が経費として認められます。実際の耐用年数よりも短い年数で減価償却できますので、医師が節税する上では効果があります。購入すると将来的な廃棄のコストの心配もありますが、減価償却は現金の支出のない税務上の経費であって、節税効果は大きいと言えます。医療機器をリースした場合にはリース料は経費になります。しかし、リースの場合には減価償却費を費用として計上することはできません。配偶者などの家族が医師の経営を手伝っている場合には、その人件費を経費とすることができます。個人経営で青色申告をしている場合には、一定の条件において青色申告専従者給与とすることができますので、節税効果があります。医療法人として配偶者が経営を手伝っている場合には、配偶者に医療法人から給与を支払うことによって、給与所得控除が受けられますので節税効果があります。医療法人であれば、生命保険契約で、医療法人を契約者、医師を被保険者、死亡保険金受取人と解約返戻金受取人を医療法人とすることで、保険料を税務上の経費にできて、解約した際の解約返戻金が多い経営者保険を利用した節税も可能になります。経営者保険を使った節税は個人経営ではできません。