医師が行なう節税って?受け取る年収に大きな差

記事リスト

将来の資産形成の為に

医師

選択肢は幅広くあります

医師の方は収入が高い為、高額な税金を納める必要があります。短期的に見れば気にならない額であっても、数十年に渡って積み重ねていくと膨大な金額になり、バカになりません。その為、早くから節税対策に取り組む事が重要となるのです。節税対策を行う事が結果的に資産形成に繋がり、老後の資金や資産となります。漠然としたビジョンだけでも持っておき、やれる所から節税対策を行なって行きましょう。まず、大掛かりな手間を掛けずに簡単に行えるのが控除の活用です。保険料の控除や医療費の控除などが一般的ですが、ふるさと納税制度などを活用する事でほとんど支出を伴わずに豪華な返礼品をもらう事も出来ます。更に確定申告を行う事で特定支出控除と言う制度も活用する事が可能です。医師の場合、一般的な仕事と異なり専門書の購入が必要になる事も多く、経済的な負担も大きくなる事があります。それらの費用を特定支出控除として処理する事が出来るので、書籍の購入や研修への参加などが多い方はそちらも活用するのが良いでしょう。また、医師ならではの節税対策として、高額な資産運用を行う事で節税対策を行なっていく手段もあります。マンションを購入し人に貸し出したり、株式投資を行うなどの手法で節税をしながら、安定的に資産形成を行なっていく事が出来ます。なお、個人の範囲でも行う事は出来ますが、プライベートカンパニーなどを設立させる事で税制的な恩恵を受ける事もテクニックとして可能です。高い税金に少しでも違和感を感じている医師の方は一度チェックしてみましょう。