医師が行なう節税って?受け取る年収に大きな差

電卓

様々な手法があります

医師の節税には様々な方法がありますが、個人経営であっても医療法人の経営であっても利用できるのは医療機器の減価償却です。その他の節税は個人経営と医療法人経営では異なりますが、経営者保険を使った節税は医療法人に限られます。

記事リスト

電卓

専門会社の知恵を借りる

数多くの医師が節税で悩みを抱えています。そんな医師の悩みを解決できるのが節税に詳しいコンサルティング会社です。勧誘は一切行っていませんし、相談する事で驚くほどの節税に成功できたという医師は非常に多いです。

ドクター

ダイナミックな対策が可能

医師の方の節税対策として人気なのがマンションなどの不動産購入や資産管理会社の設立です。いずれも最初の手続きさえ行えば年間数十万から数百万円の節税効果が期待出来ます。税金対策を行いたい方は要チェックです。

勤務医でも行える対策

医師

過去実績と試算で比較を

開業医の方の場合、一般的な個人事業主と同じく経費処理などを上手く行う事で節税対策が行えますが、勤務医の方でも節税対策が行えるのをご存知でしょうか。勤務医は一般社会で言えば、一社員となりますが、医師の世界は年収が非常に高い事もあり、一般社会の社員と比べて節税対策を行うか否かで受け取る年収に大きな差が生まれます。少しの手間を惜しむか惜しまないかで年間数十万円から数百万円の節税効果を受ける事が出来るので収入を見直したいという方は一度、節税対策を検討するのが良いでしょう。なお、その際に頼りになるのがコンサルティング会社です。資産運用の一環として節税対策を提案しているコンサルティング会社は多く、医師の節税対策にも積極的に取り組んでいるところもあります。特に開業医を検討していない勤務医の方にとっては、この様なコンサルティング会社は頼りになるパートナーとなります。具体的な手法はコンサルティング会社によって異なりますが、代表的なものでは資産管理会社などを立ち上げて、経費などをそちらで処理をしたり、不動産などの運用を行うなどの手法が取られています。年収の高い医師の方ならではのダイナミックな節税対策と言えるでしょう。実際にコンサルティング会社に依頼を行う場合、数が多くて選定に苦慮するケースがありますが、その際は同じ医師の節税対策での成功例をどれだけ持っているか、あるいは自身の年収と同パターンでの想定がどの程度あるかを比較検討するのが良いでしょう。コンサルティング会社によって見込みが異なる場合もあるので要チェックです。

電卓

多額の税金に困ったら

医師は高額な収入を得られる職業の一つですが、その分だけ多額の税金を支払うことになってしまいます。そのために何らかの節税方法を探しているという人も少なくありませんが、その方法の一つが不動産物件の購入です。経費として節税対策になるというだけではなく、家賃収入も得られるようになります。

医師

将来の資産形成の為に

医師の方は年収が高い分、数字的に大きな規模で節税対策を行う事が出来ます。控除を最大限に活用する手法から大規模な投資まで選択肢も様々です。同じことをする場合でも人によってはプライベートカンパニーを設立する事でより大きな恩恵を受ける事も出来ます。節税対策が資産形成にも繋がるので積極的に活用しましょう。